平成20年度 研究成果 (研究代表者:金沢大学 山田正仁)

平成20年度総括研究報告書(PDF)


平成20年度研究分担者研究成果概要(図表)(PDF)

氏 名研 究 成 果 タ イ ト ル
 山田 正仁アルツハイマー病とレビー小体病の診断・治療法の開発
池田 修一本邦における原発性全身性ALアミロイドーシスの臨床像
 樋口 京一hß2mトランスジェニックマウスのアミロイド沈着
hß2M線維投与はアミロイド沈着を促進しない?
 玉岡  晃酸化ストレスはプレセニリン1(PS1)を増加させる
 高市 憲明脊椎アミロイドーシスの透析方法の影響
ALアミロイドーシスの治療
 山田 俊幸消化管生検組織中のアミロイドA定量でAAアミロイドーシスの診断が可能である
前田秀一郎血清アミロイドP成分は、アポリポ蛋白質AIIアミロイド(AApoAII) 線維形成過程における伸長反応を促進しない
内木 宏延生体脂質はβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の試験管内形成を促進する
 今井 裕一治療効果判定には、HPLC+ELISA法が優れている
 島崎 千尋原発性ALアミロイドーシスに対するボルテゾミブ・メルファラン・デキサメタゾン療法
 吉崎 和幸AAアミロイドーシス のトシリズマブによる治療研究
 東海林幹夫脳アミロイドーシスの診断・治療法の開発と臨床応用
麻奥 英毅ALアミロイドーシスに対する自家造血幹細胞移植の総括
 河野 道生ALアミロイドーシス患者形質細胞は正常骨髄形質細胞に似ている
奥田 恭章AgeingはAAアミロイド発症の独立した重要なRisk factorである
 安東由喜雄アミロイド線維形成機構を基に考案した治療戦略
中里 雅光BRI関連蛋白はアルツハイマーに関係する
 工藤 幸司アミロイドーシス特有の病理像を認識するプローブの探索
水澤 英洋Aph-1の量が変化した際のガンマ・セクレターゼ活性の変化
 星井 嘉信全身性ALアミロイドーシス・老人性全身性アミロイドーシス共存例におけるそれぞれのアミロイドの分布
 西  慎一関節リウマチによる反応性アミロイドーシスに対する生物学的製剤の治療効果
 畑  裕之AL-アミロイドーシスにおける線溶系の活性化
松井 高峯牛アミロイドのウサギへの投与実験