平成22年度 研究成果 (研究代表者:金沢大学 山田正仁)

平成22年度総括研究報告書(PDF)

平成20〜22年度総合研究報告書(PDF)

平成22年度研究分担者研究成果(PDF)

氏 名研 究 成 果 タ イ ト ル
山田 正仁アルツハイマー病(AD)患者の脳脊髄液はアミロイドβ蛋白のオリゴマー化を促進する
池田 修一全身性アミロイドーシスに対する新規治療の治療効果
樋口 京一伝播性の強いAApoAIIアミロイド線維が発症中期の糞中に出現する
 玉岡  晃非認知症患者であっても高度の白内障になると水晶体中にAβが蓄積する
高市 憲明透析アミロイドーシスの発症要因と病態
 山田 俊幸SAAはAAより速くアミロイド沈着から消失する
 内木 宏延

α2マクログロブリンはβ2ミクログロブリンアミロイド線維の試験管内形成を抑制する

 今井 裕一AL全身性アミロイドーシス患者における遊離軽鎖(FLC)の産生量の測定と透析による除去の検討
アミロイドーシスにおける全身性と限局性の鑑別:プラスミン-α2 プラスミンインヒビター複合体 (PIC)の有用性
 島崎 千尋原発性ALアミロイドーシスに対するボルテゾミブ・メルファラン・デキサメタゾン(BMD)療法
 吉崎 和幸IL-6阻害によるAAアミロイドーシスの臨床研究
 東海林幹夫アルツハイマー病(AD)の診断マーカーの開発と病態機序解明
 麻奥 英毅原発性ALアミロイドーシスに対する治療法と予後の検討
 奥田 恭章AAアミロイドーシス合併関節リウマチの長期予後は年代とともに改善した
 安東由喜雄TTR関連アミロイドーシスのモデル動物の開発と肝移植によらない治療研究
 中里 雅光BRI関連蛋白(ITM2B)はアルツハイマー病の老人斑に沈着し髄液中に多く存在する
 工藤 幸司消化管生検標本におけるBF-227染色を指標としたアミロイドーシス治療薬の評価
 水澤 英洋MCIからアルツハイマー病への転化予測におけるWMS-RのLogical Memory IIの有用性
 星井 嘉信apoE4は全身性ALアミロイドーシスの危険因子である可能性がある
 西  慎一透析アミロイドーシス診断基準とその有用性
 畑  裕之ALアミロイドーシスの確実かつ簡便な診断
 松井 高峯牛アミロイドの熱処理による性状の変化
 岩坪  威apoEはアイソフォーム特異的にAb線維形成に影響を与える
 小池 春樹FAP ATTR Val30Metの臨床病理の検討
 小野賢二郎アミロイドβ蛋白オリゴマーの構造−毒性相関